特別委FoE Japanの満田です。

さきほど、鹿児島県原子力安全対策特別委員会は、31件の再稼働反対(または慎重、もしくは更なる調査をやるべき、地元同意を広げるべきなど)の陳情・請願を否決、1件の再稼働賛成陳情を可決しました。(数が微妙に違っていたらすみません。)

再稼働反対の議員たちはねばりにねばり、当初17時までだった会議は、19時に、そして21時に、そして23時に最後には0時まで、それでも少しはみ出して、0:15に最後の反対陳情が否決されました。
反対議員が、手をつくしてがんばりぬいてくださったことに感謝します。

請願・陳情はこちらをご覧ください。
<一覧>
http://www.pref.kagoshima.jp/ha01/gikai/new/documents/42368_20141105121954-1.pdf
<内容>
http://www.pref.kagoshima.jp/ha01/gikai/new/documents/42368_20141113130018-1.pdf

陳情・請願一覧1
陳情・請願一覧2

以下、報告です。

最初に県の再稼働に関する基本的に考え方について質疑が行われました。

特に質問が集中したのが、審査書の説明会に参加した住民の「理解が進んだか」について、避難計画について、火山学会の提言についてなどでした。

共産党の松崎議員が、質問が出尽くしたと思うか、なぜアンケートについて「理解できなかった項目は?」という問いにしたのか、自由記入欄にはどういう意見が書かれたのか、なぜインターネット中継をしなかったのかなどについて指摘。(そういえば、自由記入欄に書かれた意見は公開されてませんね。反対意見が多くて公開できないのかもしれません。)

さらに、避難について、「避難先調整システム」で避難先を選ぶとしているが、そういうことを改めて住民に説明すべき、透析患者の避難はどうなるのか、机上の空論がおおいなど。

また、県民連合の遠嶋議員が、薩摩川内市の説明会の申込者に動員があったのではないかというような点について、また、適合性審査の問題点、とりわけ基準地震動について、火山学会の提言について、田中委員長の「火山学会が何をいまさら言っているんだ」という発言について認識を問いました。

遠嶋議員は、火山審査については、火山専門家が厳しい指摘を出し続けたのにも関わらずそれを無視して審査を行った点を指摘。原子力規制委の審査は、ゆるかったと。
さらに保安規定、工事計画認可の審査が継続中である中、このように県としての判断をくだすのはあまりに拙速だとしました。

また、「万が一事故が起こった時、国が責任をとる」と言っていることを県が判断の根拠にしている点について、現に福島原発事故では国は責任をとっていないじゃないか、という点を厳しく問いました。

自民党の井上議員は、宮沢大臣は的確に説明したと述べ、我が国のエネルギー事情が置かれてる厳しい状況を認識すべきだと、電気料金の値上げなどを引き合いに出して質問。再稼働はやむをえないと述べました。

委員会外の議員の質疑として、ふくし山のぶひこ議員が、スーパーアリーナ計画はアンケートで県民の半数以上が反対しているために撤回されたことをあげ、川内原発でも民意をくむべきと発言。柳議員が、説明会に子育て世代の女性が参加できなかったことを指摘しました。

続いて、請願・陳情の質疑にうつりました。

自民党の岩崎議員が、地元同意について、日置市議会の決議をどう受け止めるかと問い、県側は、「さつま川内市の立地自治体として負う責任を尊重」というような表現で、鹿児島県と薩摩川内市が同意すればよいという意見を重ねて述べました。
岩崎議員は、「国に明確な基準を示すように要望」とか言っていました。

共産党の松崎議員は、火山学会が「巨大噴火は予知が困難」「火山審査ガイドを見直すべき」としていることをあげ、原子力規制委に審査のやり直しをしなくていいのか、せめて問い合わせるべきと指摘。

県民連合の遠嶋議員は、巨大噴火が起きた時に使用済み燃料の搬出ができるのかという問いました。県側はあ、「田中規制委員長は、数か月でできると言っている」とさっそく、田中委員長の昨日のトンデモ発言を活用していました。

遠嶋議員は、「通常は5年冷やさなければならない。これは間違いですか?」と追及。県側は「原子力規制委はモニタリングについて検討している」と逃げていました。

また、遠嶋議員は、「30キロ圏内の人たちは同意を求める権利がある。浪江町を視察した。だれも住むことができない情景に衝撃を受けた。幸せな生活を送っていた人たちがそれを奪われた」と述べました。

県民連合の前野議員は、リアルタイムで変化する風向きにあわせて、避難先を変えることなどできるのかと質しました。

委員会外の議員としては二牟礼議員の質問がたいへん興味深かったです。タイベックスーツの配給について、またバスによる避難についてきいていました。バス協会に協力要請をしているというが、OKはもらったのか(答えは協議中)。

福島原発事故が二度と繰り返さないと言い切れるのか。事故想定はどのようにしているのか、などを質しました。。(答えは、福島原発事故の1800分の1の規模の事故想定)

さらに、揚水発電の設備利用率は何%か(2%くらい)、再生可能エネルギーの買取契約の中断などを引き合いに出し、再生可能エネで、十分行けると主張。

最後に、「万が一事故が起こった時の責任を国が取ると言っているが、どういう責任をとるのか?」と質問。答弁は不明確。さらに「知事の責任はないのか?」と迫りました。

答弁は「知事には責任はない。福島でも知事の責任は問われなかった」という驚くべきものでした。

ここで質疑は終了。

松崎議員が、「請願陳情の審議は議会の専権事項。今までの審議でたくさんの問題点が明らかになった。説明会も不十分。火山の問題については原子力規制委に問い合わせてくれと言った。避難計画についても住民に説明されていないことがたくさんある」として、「採決をしないことを求める」と動議。

遠嶋議員も「煮詰まっていないものがたくさんある。大きな問題提起。知事の責任という話があったが、我々も責任を負う。慎重審議を!」と述べました。

しかし、賛成少数で、この動議は否決。採決をすることに。

山田国治議員(自民、姶良・霧島地区)が賛成討論。「自由民主党県議団としては、責任政党として、再稼働に賛成する」と述べました。

松崎議員が再稼働反対立場からの討論。たいへん美しい、胸の打たれるスピーチでした!

「県議会議員としてなすべきは県民のいのちと安全を守ること。福島原発事故の被害者の苦しみと向き合わなければならない」と述べ、大飯原発の福井地裁の判決文を引用しながら、「本当の国富とは、豊かな鹿児島とそこに住み続ける人々を守ること」

と述べました。 

そして県民連合の前野議員も反対の討論。

そして、採決。
 
32件の陳情・請願を、一つ一つ採決していきました。
そのうち31件が、再稼働反対、もしくは慎重、もしくは地元同意を広げるべき、もしくは調査を行うべき、などというものでしたが、すべて否決されていきました。

そして1件の再稼働賛成陳情のみが採択されていました。

再稼働に賛成した議員は、井上章三、瀬戸口三郎、藤崎剛、岩崎昌弘、吉留厚宏、田中良二、成尾信春、大園清信、外薗勝藏、小幡兼興、山田国治の各議員

反対は遠嶋春日児、前野義春、松崎真琴の各議員

(自民・。公明党・無所属の議員たちは賛成、県民連合・共産党は反対)

最後に公明党が、「再稼働やむなし」という意見を述べました。 


明日(というか今日)は、委員会の結果が本会議に報告され、本会議で若干の質疑ののち、あっというまに採決が行われるのではないかと思います。

FFTVで断片的にツイキャスしていました。ちょっとまだ整理しきれていませんが、
下記に履歴が残っています。

本日から始まった鹿児島県臨時議会。再稼働に関しては、賛成1件、反対35件の陳情および3県の反対請願がだされていますが、7日も採決される見通しです。

鹿児島県臨時議会初日の午後の審議は、長い休憩のあと、15:30からはじまりました。ひとことで言って、あまりに形式的な審議に愕然
議員たちの質問に、同じ紙を繰り返し読む伊藤知事および関係部長たちの答弁。
質問に答えようとせず、国の責任のみを云々する県知事の姿勢に、原発賛否を切り離して、形骸化された自治体議会の危機を感じました。

形だけの審議で、数の議論で通してしまう気です!

ただ、自民党・公明党議員の質問からも、ここで慎重な姿勢をみせておかねば有権者の手前マズイという打算がうかがえました。「自分はがんばって慎重論をとなえたのだが…」と言い訳したいんだろうなという感じの質問内容でした。しっかりと見守っていきましょう。

かなり踏み込んだ鋭い質問もでました。たとえば火山については以下の質問(松崎まこと議員の質問)。

「巨大噴火の予測可能性について、火山学会は困難であると言っています。知事、あなたは専門家ではない。かたや九電が、巨大噴火を数十年前から予測できるとしており、かたや専門家たちが予測はできないと言っています。県民の安全を守るという観点からどちらの意見に耳を傾けるべきではないでしょうか?ご見解をおききします」

さらに、松崎議員は、避難所が危険地帯に設置されており、防災対策基本法に反している点もしっかりきいてくれました。
しかし、まともな答弁はなく、傍聴席は、騒然。
「ちゃんと答えろ!」という声が飛び交いました。(まったく同感です)

県外からも青森、福島、東京などからみなさんが傍聴されています。
とりわけ、鹿児島県の知り合いに傍聴を呼びかけてください

以下、全般的なご報告です。

質疑者は以下の5人。
与力雄議員(自民)、青木寛議員(県民連合)、成尾信春議員(公明党)、松崎真琴議員(共産党)、下鶴隆央議員(無所属)

以下簡単なポイントです。○が質問、⇒が回答、※がコメントです。
(なお、一問一答式ではなく、10個くらいの質問を議員がしてから知事⇒担当部
長舘という具合に応えるので、全然議論になっていませんでした)

○ほぼすべての議員:なぜ川内原発の判断にあたり、現時点で臨時会を招集したのか、なぜそこまで急ぐのか? 臨時会の招集の法的根拠は何なのか?

⇒すでに原子力規制委員会が、「世界最高水準の規制基準」に基づく適合性審査を行い、設置変更許可を出していること、経産大臣も鹿児島を訪問し、原発の必要性について説明し、「万が一のときは国が関連法令に基づき適切な処置をとる」と述べていること、薩摩川内市議会・市長が同意をしたこと、

※判で押したように、同じ答弁を読み上げていました。
※そもそも、陳情・請願の採決については、県議会が決めることであり、県知事が招集する議会で陳情・請願を採択する法的根拠は?と青木議員が問うていましたが、いやいやそれは県議会が自らの判断でやるんでしょという答弁でした。

○県民の理解が得られたのか? 住民への説明会の評価は? 不安を訴える住民への対策は?

⇒避難計画については、30km圏内自治体で25回、審査書については県内5箇所、それに加えて、要望の多かった避難計画およびエネルギー基本計画についての説明会を日置市でやった。丁寧に質問してもらった。
参加者アンケートで、「理解していない」という項目にマルを付けた人は3割くらい。つまり概ね理解されたという認識。

※「理解をえる」(≒了解してもらう)という日本語と、「理解する」(≒話している内容がわかる)という日本語を、意図的に混同してつかっています。

※そもそも、原子炉は難しいから住民に理解するのは難しいでしょ?というような傲慢な姿勢が、本当に許せないと思いました。説明会をたくさんしたかもしれませんが、それでよいという話ではなく、そこででた意見をすべて無視して、よくもまあこんなことを。(怒)

※そもそもアンケートがインチキすぎです。

○医療機関および社会福祉施設の作成状況。「原子力防災・避難施設等調整システム」の具体的運用・実効性確保策は?(自民党の与議員など)

⇒10km圏内終了。10圏外についてはシステムを整備する。訓練を通じて実効性を高めていく。

○原発事故が万が一発生した場合の政府と知事の具体的責任の果たし方。

⇒福島原発事故の反省に基づき、「世界一厳しいレベル」の規制基準をつくっている。事故が起こった場合、一義的には事業者が責任を負う。また、関係法令に基づき、政府が対処する。

○同意の範囲

⇒歴史的経緯を踏まえ、原発立地の責任と負担を負ってきた薩摩川内市と鹿児島県が同意すればよい。

○火山学会の提言について(公明党の成尾議員、共産党の松崎議員)

⇒巨大噴火が生じた時の観測体制について、国が整えるべきとの学会提言については承知している。原子力規制委員会がしかるべき対処を行う。

※議員たちは、かなり具体的に火山学会の石原委員長が述べたことをあげて質問したのですが、全然スルーされてしまいました。

○川内原発の使用済み核燃料は、鹿児島県で受け入れ続けるのか?青森の再処理施設の完成時期は、21回目の延期となったが?
(県民連合の青木議員)
⇒国が責任をもって 考える。

○UPZ県内の自治体に対する財政支援について、電源三法交付金をはじめとする制度強化を図るように国に要請する考えはないか。(自民党の与議員、無所属の下鶴議員)

⇒現在も交付金をつかって原子力防災体制の充実をはかっているが、今後も国が責任をもって、云々。

陳情・請願は、明日、原子力安全対策等特別委員会にかけられます。
報告は、大体以上です。

終了後の報告集会については、FFTVでツイキャスしました。


<鹿児島県議会議員ファックスリスト>下記のページの下の方です。

<初日の午前中の報告>
【速報】鹿児島県臨時議会初日~正副両議長の不信任案否決/自民党県議に声を!

<参考報道>
原発審査基準見直し要請 火山学会委「川内の適合も疑問」
(11月3日、西日本新聞)

<参考情報>
川内原発の避難計画は違法!~鹿児島県議会議長・県知事宛に要請書提出

鹿児島県庁・県議会に要請書~日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと


いよいよはじまった鹿児島県臨時議会。
 
7日にも、川内原発再稼働の賛成陳情が採択され、反対陳情が否決されるとみられています。
再稼働に関しては、賛成1件、反対35件の陳情および3県の反対請願がだされています。

たった3日間のスピード採決という議会運営。

川内原発の保安規定や工事計画の審議もまだ終わらないうちに、また、火山学会が、火山審査について問題提起したばかりなのに、ろくな審議もせずに決められようとしています。

本日の午前中に開かれた臨時議会では、県民連合が発議した池畑議長、松里副議長、藤崎総務委員長、小園産業経済委員長、園田企画建設委員長の不信任案が相次いで否決されました。
不信任案の理由について、県民連合の二牟礼議員、遠嶋議員らがのべ、質疑はなく、賛成討論を共産党の松崎議員が行いました。不信任案の理由は概ね以下の通りです。

・本来であれば、臨時議会ではなく12月議会にかけて丁寧に議論すべき、川内原発の再稼働について、知事の意向に従い強引に臨時議会を招集・この日程については、ぎりぎりになるまで自民党議員にしか公式にはしらされず、他の会派には協議されなかった。
 
・自民党以外の議員たちは10/16の報道で知り、その後、正式な協議はなく、臨時議会招集のぎりぎりのタイムリミットの10/29の会派代表者会議ではじめて知らされた。「協議」ではなかった。

・なぜ、このように急いで再稼働について採決すべきか、明確な理由はない。・知事による議会活動への介入。それを議長が受け入れた。

・臨時議会を強行開催した。これは中立の立場であるべき議長の職の逸脱。

・この日程となったために、重要な行政視察が3件キャンセルされ、地域防災計画をふくむ各地の県民との貴重な対話ができなくなった。

・一昨日の宮沢大臣の説明も、全議員がきくべきだったのに、正副議長のみがきいた。

・再稼働を急ぎたいがための強引な議会運営。

そして、起立少数で、さっさと否決されていきました。

あまりに機械的な、茶番をみているような状況に、傍聴席はざわつきました。
ある若い女性が、「茶番はやめてください! きちんと審議して下さい!」と叫
んでいました。また、これまた若い男性が、「県民の安全を優先させろ! 有権者はみているからな」と叫んでいました。心の中で拍手喝采でしたが、二人とも、退場させられました。

その後、伊藤知事により、川内原発の状況に関する説明。
「原子力規制委員会が安全を保障した」
「国が責任を持つと言っている」
「再稼働は必要」
「5箇所で県民に説明はした」
「避難計画に関心があったので、さらに1箇所で説明した」
「理解をえられた」
などの言葉に傍聴席騒然。
「何を言っている!」
「そんなことないぞ!」
「理解していないぞ!」
「安全なんて誰も保障していないぞ!」

などなど。

あっという間に休憩となりました。
今日の午後、自民党の県議団が、方針を決めるそうです。
昨日は、30キロ出身の県議たちから慎重論が出て、方針が先送りされたようです。

みなさま、自民党の県議たちに、以下の意見を送ってください!

・せめて、慎重に審議を。まだ規制委員会の保安規定・工事計画の審査は終わっ
ていない。3日間で決める必要はない。
・火山学者などの参考人の招致を。
・九州電力は、県議会で虚偽の陳述をしている。数十年前から巨大噴火が予知で
きるというが、火山学会は真っ向から否定している。
・避難計画については、違法性も指摘されている。再稼働できる状況ではない。

<ファックスリスト>下記のページの下の方です。

<参考報道>
原発審査基準見直し要請 火山学会委「川内の適合も疑問」
(11月3日、西日本新聞)

<参考情報>
川内原発の避難計画は違法!~鹿児島県議会議長・県知事宛に要請書提出
鹿児島県庁・県議会に要請書~日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと


↑このページのトップヘ