141013_koriyama
3・11のあの日から3年半。

原発事故被害者の置かれた状況はいまなお深刻です。
住宅は? 健康は? 保養は? 賠償は?
集会では、これらについて最新の情報を共有し、解決に向けての行動を提案します。
また、各地からの被害者が報告を行います。


◇とき:2014年10月13日(月) 13:30~16:30

◇ところ:郡山市労働福祉会館(福島県郡山市虎丸町7番7号)

マップ→http://www.bunka-manabi.or.jp/kaikan/access.html

◇参加無料  ◇申込み不要

《プログラム》(予定・敬称略)
◎原発被害者の救済を求める全国運動をふりかえって
  …佐藤和良(実行委員会共同代表/いわき市議会議員)
 
◎原子力災害に伴う被災者の 住宅問題の解決のために  …津久井進(弁護士)
 
◎健診の支援・医療費減免措置
 
◎保養
    チェルノブイリでの保養制度に学ぶ   …白石草(OurPlanet-TV共同代表)
    子どもたちの保養プログラムの拡充を  …早尾貴紀(311受入全国協議会共同代表)
 
◎原発賠償とADR                               …海渡雄一(弁護士)
 
◎被害当事者として                              …各地からの報告
 
◆主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動
 
◆連絡先
【福島】 いわき市議会創世会 佐藤和良 住所:福島県いわき市平梅本21
     TEL : 0246-22-1111(代表)内線4132 FAX : 0246-25-8380
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
    住所:〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
    Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
 
※会場周辺では、毎時0.5マイクロシーベルト以上の箇所も確認されています(2014年9月14日測定)。郡山市内で除染作業、建物の解体、道路舗装の工事も続いています。マスクの着用、うがいなど、放射線の防護を各自お願いいたします。