追加の説明会が、10月29日、日置市で開催されます。

事故時の緊急時対応計画、避難計画、安全確保に向けた取り組みについて、内閣府、県、九電が説明するようです。

しかし、なぜ日置市だけなのでしょうか? 他市でも実施すべきではないでしょうか?

なぜ、参加者を、審査書の説明会に参加した人だけに限定しているのでしょうか? 多くの人が関心を持っている事柄なので、希望者は参加できるようにすべきではないでしょうか?

なぜ、1回しか、しかも夜間にしか開催しないのでしょうか? 子どもをもつお母さんなどは参加できません。

なぜ、質問時間が30分しかないのでしょうか?

インターネット中継はされるのでしょうか?

みなさま、ぜひ鹿児島県に問い合わせてみてください。
危機管理局原子力安全対策課
電話番号:099-286-2370

以下は鹿児島県のホームページからの引用です(10月23日現在の掲載情報)。
http://www.pref.kagoshima.jp/aj02/infra/energy/atomic/setsumeisanka.html


川内原子力発電所に係る住民説明会の開催について

鹿児島県

日時

10月29日(水曜日)午後7時~午後8時40分

(説明70分,質疑応答30分)

場所

集院文化会館(日置市伊集院町郡1-100)

説明項目

1ネルギー基本計画等について【20分】

(説明者:経済産業省資源エネルギー庁)

2子力防災計画【30分】

(1)川内地域の緊急時対応について

(説明者:内閣府)

2)川内原発に係る避難計画について

(説明者:県)

3内原子力発電所の安全確保に向けた取組みについて【20分】

(説明者:九州電力)

対象者※新たな募集は行いません。)

1回から第5回の住民説明会参加申込者(約3,000人)

参加案内等

1回から第5回の住民説明会参加申込者に対して案内のハガキを送付し,それをもって入場整理券とします。

加を希望される方は,入場整理券を持参のうえ,会場にご来場いただきます。

お,会場の都合により入場は先着順とします。(ご来場いただいても入場できない場合があります。)

その他

1.入場整理券の他人への譲渡はできません。

2.会場で入場整理券の所有者が本人であることを確認することがありますので,身分を証明するものをご持参ください。本人確認ができない場合は,入場をお断りすることがあります。

3.天災その他やむを得ない事由により説明会を開催することが困難であると認められる場合には,開催を中止することがあります。

よくあるご質問

現在よくある質問は作成されていません。

このページに関するお問い合わせ

危機管理局原子力安全対策課

電話番号:099-286-2370