カテゴリ: 川内原発

Friends of the Earth - Urgent Appeal:
We deeply regret that Kagoshima Prefecture “approved” the restart of the Sendai Nuclear Power Plant despite 31 dissenting petitions from local residents  

November 7, 2014, Kagoshima Prefectural Council approved a petition for the restart of two reactors at the Sendai Nuclear Power Plant, while rejecting 31 petitions opposing it in some ways (e.g. outright opposition, calling for caution, demanding more research and the inclusion of more local residents as stakeholders). Given the council’s approval, Kagoshima Governor Yuichiro Ito is expected to express his support for the restart of the nuclear reactors sometime soon.

At the Special Committee on Nuclear Safety Preparedness on November 6, some council members offered detailed explanations, with a sense of great urgency, for why the nuclear reactors at Sendai should not be restarted: (1) informed consent from local residents was not obtained yet; (2) the Nuclear Regulation Authority (NRA) was still in the process of reviewing safety procedures and plans for reinforcement installation, (3) who would take responsibility in case of a nuclear accident remained unclear; (4) the Fukushima nuclear accident was not over yet, and many people were still suffering from it; (5) the Volcanological Society of Japan acknowledged the difficulty of predicting a large-scale eruption and recommended that NRA revise its guidelines for assessing the risk of volcanic hazards to nuclear power plants; (6) “national wealth” would mean people in Kagoshima enjoying their beautiful natural environment; and (7) Kagoshima Prefecture could immediately start an effort to revitalize the local economy and community without relying on the nuclear industry. Nonetheless, the majority in the council – the Liberal Democratic Party and Komeito – proceeded to approve the restart of the nuclear reactors.

In addition, many local residents expressed their opposition to the restart of the Sendai Nuclear Power Plant at five public seminars held in Kagoshima Prefecture. Thus, the prefectural council’s “approval” did not really reflect its constituency’s voice.

As members of the opposition pointed out at the council meeting, there are many reasons that the nuclear reactors at Sendai should not be restarted, whereas there is no reason for expediting their restart. At present, evacuation plans for local residents have so many problems; for example, temporary evacuation sites and emergency shelters are located in “dangerous areas” according to the Japanese government’s tsunami, landslide, and other hazard maps. This is a potential violation of the Basic Act on Disaster Preparedness, and even local municipalities (i.e. Satsuma-Sendai, Izumi, Akune, Ichikikushinoki) acknowledge this problem. 

It is therefore nonsensical that Kagoshima Prefectural Council and Governor rushed to approve the restart of the nuclear reactors by ignoring these problems. We deeply regret that Kagoshima Prefecture disregarded the dissenting petitions from local residents, and that “approval in absence of the public” became a precedent for the restart of other nuclear reactors in Japan. 

Friends of the Earth (FoE) Japan
1-21-9 Komone, Itabashi, Tokyo 173-0037 Japan
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986  

Appendix: Five reasons we should not restart the Sendai Nuclear Power Plant

1. Public opinion was disregarded
 
(i) According to the survey published by Nikkei Business Daily on August 24, 2014, 56 % of the Japanese are against the restart of nuclear power plants, whereas only 32 % in favor. The opinion survey by Minami Nihon Shimbun in May 2014 also showed that about 60 % of residents of Kagoshima Prefecture are against the restart of the Sendai Nuclear Power Plant. Thus, Japanese citizens are against the restart of nuclear reactors both nationally and locally.  

(ii) At a public seminar held in Satsuma-Sendai City on October 9, 2014, nine out of ten speakers stated strong skepticism and criticism against the restart of the Sendai Nuclear Power Plant. Similarly, at a public seminar in Hioki City the following day, all the nine speakers expressed their opposition to the restart. While many more participants were raising their hands, the hearing was adjourned. The national and local governments used these seminars merely to explain the safety review report on the Sendai Nuclear Power Plant to local residents, not to receive feedback from them. This lack of mechanisms to incorporate opinions of local residents in a decision on the restart is problematic because a nuclear accident would affect the surrounding areas for a long period of time and possibly force local residents out of their homes forever. To address this problem, FoE Japan and other NGOs both inside and outside Kagoshima submitted signatures calling for public hearings and discussions (not merely public seminars).   

(iii) Prior to the restart of a nuclear reactor, “approval by the local community” is required. While Kagoshima Prefecture argues that this approval pertains only to Satsuma-Sendai City and itself, this is totally inadequate, given the range of municipalities that would be affected in case of a nuclear accident. In fact, in response to demands from residents, city councils of Ichikikushikino and Hioki, both adjacent to Satsuma-Sendai, adopted resolutions calling for the expansion of the definition of “the local concerned community.” We believe that this definitional expansion, as well as the creation of mechanisms for public participation, is absolutely necessary. 

2. Evacuation plans take radiation exposure as inevitable

Evacuation plans have serious problems. On September 12, the Cabinet Office’s Nuclear Disaster Prevention Conference approved evacuation plans for the Sendai Nuclear Power Plant as “concrete and rational.” However, it is questionable whether the plans are operationally effective because they are limited to a 30km radius from the plant, as well as they fail to consider the possibility of a compound disaster, the necessity of evacuation for home patients and other vulnerable groups outside a 10km radius, and the locations for screening and decontamination. 

For example, home patients who reside within a 5km radius and require assistance are expected to evacuate to nearby facilities. One of the evacuation facilities, an old building of Sōrō Elementary School, is located only 1.6km away from the nuclear power plant. Besides, this evacuation facility stores only the amount of fuel that can last for four days. In case of a nuclear accident, evacuees at this facility will likely be abandoned, and they are expected to receive maximum 190mSv of radiation doses in two days, according to the Nuclear Regulation Authority’s simulation.               

3. The safety review has serious problems

While the Nuclear Regulation Authority (NRA) was reviewing the safety of the Sendai Nuclear Power Plant, it received about 18,000 public comments. Nonetheless, NRA ignored comments that were critical of its safety review. The limited scope of NRA’s safety review practically guarantees the restart of the nuclear power plant; for example, nuclear emergency responses are excluded from the review. Particularly problematic is NRA’s handling of risks related to volcanic eruptions, as elaborated in the following. 

(i) Southern Kyūshu has multiple calderas, including Aira Caldera encompassing Sakurajima, and about 7,000 years ago, massive volcanic eruptions occurred off the coast of Kagoshima. Many volcanologists thus warned devastating effects of a volcanic eruption on the Sendai Nuclear Power Plant. Since traces of past pyroclastic flows were found only several kilometers away from the plant, even Kyūshu Electric Power Company (KEPCO) acknowledged the possibility of a pyroclastic flow reaching the plant, and NRA proceeded with its safety review accordingly.     

NRA’s Guidelines for Volcanic Risk Assessment consider (a) whether the risk of a pyroclastic flow reaching an operating nuclear power plant is sufficiently low and (b) whether an operator has adequate plans for stopping a plant and taking out fuel rods when symptoms of a volcanic eruption are detected. However, KEPCO has not demonstrated that the risk is sufficiently low with regard to (a), and it has merely stated its “policy to take out fuel rods” without specifying details with regard to (b), not to mention the feasibility of detecting symptoms of a volcanic eruption in a timely manner. In fact, experts warn that after stopping a plant, “it will take at least five years” to cool fuel rods, take them out, and transport them to a safe place. It is thus problematic that NRA did not enlist volcanological experts in its safety review of the Sendai Nuclear Power Plant, even though the risk of volcanic hazards was the key issue. We therefore believe that NRA should redo its safety review on the volcanic risk.            

(ii) KEPCO has so far stated its “overall policies” on preparedness for potential volcanic hazards without detailed operational planning. The company is expected to prepare a “construction plan” to demonstrate that the facilities of the Sendai Nuclear Power Plant will be sufficiently anti-seismic to meet NRA’s new standards, and to include in its “safety rules” the procedures for cooling fuel rods, the methods of taking them out, and the location of their storage if symptoms of a volcanic eruption were detected. But KEPCO’s safety rules contain no detailed discussion of operational responses to such an emergency situation.  

4. There is no shortage of electricity

According to the Federation of Electric Power Companies of Japan, there was 10 % surplus electricity even during the peaks of electricity demand between July and August 2014: Japan had enough electricity without any operating nuclear reactor. At this juncture, KEPCO suspended access to its grids for any more new producers of renewable energy, beginning on September 25. KEPCO argued that its grids could be overloaded with the expected amount of electricity generated by solar and wind power, more than 16 million kWh, that could meet the summer peak demand − with the expansion of grid capacities and the introduction of mechanisms to balance supply and demand, renewable energies will be able to replace nuclear energy. In reality, however, KEPCO has allowed only 4.1 million kWh of electricity by solar and wind power to be introduced in its grid. Here, KEPCO’s decision to suspend access to its grids seems to be related to its plan to restart the Sendai and Genkai Nuclear Power Plants.               
 
5. The Fukushima Nuclear Accident is not over yet

At this moment, contaminated waters continue to leak, and no viable countermeasure has been found. More than 100,000 evacuees are also still living away from their homes. In fact, we still do not know the real cause of the Fukushima nuclear accident. And yet, the government and KEPCO are trying to rush the restart of the Sendai Nuclear Power Plant by ceremonially conducting “safety review,” offering “public seminars,” and obtaining “approval by the local community.” We argue that  forcing the restart of the nuclear power plant this way is completely unjustifiable.  

みなさま(重複失礼・拡散歓迎)

FoE Japanの満田です。連投失礼しまします。

さきほど、鹿児島県議会で、再稼働を求める陳情(1件)が採択され、再稼働反対もしくは地元同意拡大などを求める陳情・請願(計31件)を否決しました。

(特別委の報告をお送りした先のメールで、数を間違えてしまいましたが、再稼働反対陳情・請願の数は31件だったそうです。お詫びして訂正いたします)

私は傍聴することはできず、インターネットで見ていました。あっという間でした。

反対討論に立ったのは、(私がみれた範囲では)柳誠子議員(県民連合)、松崎真琴議員(共産党)、下鶴隆央議員(無所属)です。柳誠子議員も松崎真琴議員も、大飯原発の福井地裁判決を引き合いにだして切々と訴えており、本当に感動的でした。

柳誠子議員は、 解決不可能な核のゴミについて、日本学術会議の提言を紹介しながら、将来にツケを残す無責任さを指摘した上で、以下のように述べました。
福島原発事故がまったく反映されていない。福島の浪江、大熊、双葉町、いわき市の仮設住宅へ。誰も住めない地域がここまで広大なのか。30km圏内当然同意を求められてしかるべき。
さらに、
電気は足りている。今夏はむしろ余裕すらあった。燃料費が増大したとするか過大評価。いずれにしろ、福井地裁の判決のように、燃料費の多寡を、生存の権利を優先させて論じるべきではない。 
と述べ、以下のように締めくくりました。

九電は太陽光の買取を留保。解決可能な課題。多くの企業が、再生可能エネルギーの技術開発にしのぎをけずっている。原発にそそぐ経費を、再生可能エネルギーにふりむけるべき。
原発に依存しないエネルギー政策へ舵を切れば、決断をするのが責任。福島原発事故の悲劇をくりかえすな。



松崎真琴議員のスピーチには心打たれました。

審査がまだ終わっていないこと、火山、避難計画、地元同意、地域活性化などについて、一つ一つの陳情のポイントに触れながら、述べていきました。

火山については、以下のように火山学会の提言を紹介。
火山学会は、巨大噴火は予知困難としている。川内原発の火山噴火を予知できるというのは「科学のねじまげ」とも指摘している。
それに対して、原子力規制委員会の田中俊一委員長は、「(燃料の運びだしについて)いざとなったらプールに沈める。石棺という手もある」とまで発言した。

(ちなみに、田中俊一委員長は、燃料が3カ月で運びだし可能というような趣旨の発言をしていましたが、同じ田中委員長は、以前は燃料の冷却に5年くらいはかかると認めていました。)

最後にこういって締めくくりました。
 
討論を終わる前に同僚議員に訴えたい。
私たちがすべきことは、県民のいのちと安全を守ること。
福島の現実を直視しよう。結局、原発をうごかしたいのは原発利権に群がる人たちのみ。
 
私たち地方議員は地元住民の付託を受け、県議会に臨んでいる。
福井地裁の判決の述べているとおり、豊かな自然とそこに住み続ける住民が国富。これが失われることが国富の流出。美しい鹿児島を守り、そこに暮らす人々を守ろう。

再稼働に断固として反対します。

しばらく拍手が鳴りやみませんでした。

下鶴議員は、しばらくは原発に頼ることもやむをえないが、川内原発を今再稼働することは県民のためにならないとし、以下の点を述べました。
県として、国に、事故があったときの全額・迅速の賠償を求めるべき。知事は、「国が関係法令に基づき対処する」という大臣の発言でよしとしているが、そんなのは当たり前の事。なぜ「関連法令」? 原賠法では、「国が必要な場合は」支援をすることになっている。
 
このまま無条件に再稼働に同意することは10年後、20年後に大きな禍根を残す。公平なリスク負担を他県に、国民全体に問いかけるべき。他県の人が、「安い電気をつかえるから賛成」というのはフェアではない。たとえ再稼働に同意するとしても、あと10年後には、止めることを条件にすべき

自民党・公明党は、賛成の討論にすら立ちませんでした。

そして採決。賛成陳情が起立多数で採択。傍聴席から激しい抗議の声。反対陳情・請願が次々に不採択。

陳情にこめられた人々の想いが次々に踏みにじられて行くようで胸痛くなるような情景でした。

そのあと、自民党から、国に対して、原発に関する住民の理解を得るための対応や、避難計画の充実への支援などを求める意見書が提出されました。

松崎議員のみが

「国への注文がならんでいるが、原発を止めてほしいという人々の想いを踏みにじっておきながら、そのあとに人々の理解を得ることを国に求めるなど本末転倒」

として、反対しましたが、採決されました。

最後に伊藤知事が閉会のあいさつ。

傍聴席からは「再稼働反対」のコールで、伊藤知事の声はかき消されていましたが、以下のようなものでした。

近々、私の意見も決める。県民のみなさまのますますのご挨拶とご健勝をお祈りして、閉会としてます

いや、ホントに、いっそ潔いほどの民意の無視っぷりでした。

傍聴して感じたのは、公開の場で徹底的な議論をしない風潮、数の論理でものごとを決めていく、動かぬ「壁」の存在です。これまで日本の地方政治を動かしてきた、理屈じゃないんだものごとはという風潮。論理的に考えれば、自民党議員だって、なんで今再稼働判断なの?ポーズだけでももっと慎重にやったほうがい
いんじゃない?と思った議員もいたはずです。

残念ながら、いちき串木野市選出の自民議員も含めて、造反議員はでませんでした。

FoE Japanでは以下の抗議声明を出しました。拡散していただければ幸いです。

-----------------------------------------------
【緊急声明】川内原発再稼働、多くの疑問残す鹿児島県の「地元同意」
31件の反対陳情・請願に込められた人々の想い無視
-----------------------------------------------

さきほど、鹿児島県議会が、再稼働同意を決めました。

「再稼働反対」の31件もの陳情、その中には再稼働反対のみならず地元同意の拡大、慎重な検討・調査を求めるものも含まれていましたが、あっという間に否決されました。

会場は抗議の声につつまれました。再稼働反対の議員たちの反対討論は、本当に心をうつものでした。(のちほどもう少し詳しい報告をお送りします)

自民党・公明党は討論すら行おうとはしませんでした。

しかし、もちろんこれで終わりではありません。川内原発をめぐっては、多くの疑問の声があがっています。伊藤県知事が、同意を急いだのも、これ以上反対の声が大きくなるのを恐れたからではないでしょうか?

FoE Japanは以下の緊急声明を発出しました。ぜひ、拡散してください。


2014年11月7日
国際環境NGO FoE Japan

【緊急声明】
川内原発再稼働、多くの疑問残す鹿児島県の「地元同意」
31件の反対陳情・請願に込められた人々の想い無視

本日、川内原発再稼働をめぐり、鹿児島県議会は、31件の再稼働反対(または慎重、もしくは更なる調査をやるべき、地元同意を広げるべきなど)の陳情・請願を否決、1件の再稼働賛成陳情を可決しました。近日中に伊藤知事も再稼働に賛成するとみられます。

昨日の原子力安全対策等特別委員会で、再稼働反対の県議会議員は、県民の理解が得られているとは到底言えないこと、保安規定や工事計画認可の審査はまだ終わっていないこと、責任の所在が不明確であること、福島原発事故はなお収束せず、多くの人たちが幸せな生活を奪われて苦しんでいること、原子力規制委員会はまだ保安規定・工事計画認可の審査中であること、火山学会は「巨大噴火は予知困難」とし原子力規制委の火山影響評価ガイドを見直すべきとしていること、「国富」とは美しい鹿児島で人々が幸せな生活を営むことであること、原発立地の地域活性化は原発に頼らない方向でいますぐ取り組むべきことなどを切々と訴えましたが、自民党・公明党などの数の論理で押し切られた形となりました。

県内5箇所で開催された審査書に関する説明会では反対の意見が相次ぎました。今回の「地元同意」は到底民意を反映したものとは言えません。

川内原発を動かしてはならない理由はたくさんあります。逆に川内原発を今、急いで再稼働させなければならない理由は見当たりません。これは、多くの議員が指摘したところです。

住民のいのちと安全を守る最後の砦たる避難計画は、欠陥だらけであり、さらに一時避難所や避難集合場所が、ハザードマップ上の危険エリアにあり、これは災害対策基本法施行令に違反している恐れがあります。市民団体の問合せに対して、薩摩川内市、出水市、阿久根市、いちき串木野市、また受け入れ先の出水市もこのことを認めざるをえませんでした。

鹿児島県知事・県議会はなぜ、これほどまでの多くの問題を無視して、地元同意を急いだのでしょうか? 

今回、不採択となった再稼働反対、あるいは地元同意拡大などの39件もの陳情・請願に込められた一つ一つの県民の想いが踏みにじられたこと、またこれが、今後の原発の再稼働における「民意なき地元同意」の前例となったことは残念でなりません。


問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986  携帯:090-6142-1807(満田)


特別委FoE Japanの満田です。

さきほど、鹿児島県原子力安全対策特別委員会は、31件の再稼働反対(または慎重、もしくは更なる調査をやるべき、地元同意を広げるべきなど)の陳情・請願を否決、1件の再稼働賛成陳情を可決しました。(数が微妙に違っていたらすみません。)

再稼働反対の議員たちはねばりにねばり、当初17時までだった会議は、19時に、そして21時に、そして23時に最後には0時まで、それでも少しはみ出して、0:15に最後の反対陳情が否決されました。
反対議員が、手をつくしてがんばりぬいてくださったことに感謝します。

請願・陳情はこちらをご覧ください。
<一覧>
http://www.pref.kagoshima.jp/ha01/gikai/new/documents/42368_20141105121954-1.pdf
<内容>
http://www.pref.kagoshima.jp/ha01/gikai/new/documents/42368_20141113130018-1.pdf

陳情・請願一覧1
陳情・請願一覧2

以下、報告です。

最初に県の再稼働に関する基本的に考え方について質疑が行われました。

特に質問が集中したのが、審査書の説明会に参加した住民の「理解が進んだか」について、避難計画について、火山学会の提言についてなどでした。

共産党の松崎議員が、質問が出尽くしたと思うか、なぜアンケートについて「理解できなかった項目は?」という問いにしたのか、自由記入欄にはどういう意見が書かれたのか、なぜインターネット中継をしなかったのかなどについて指摘。(そういえば、自由記入欄に書かれた意見は公開されてませんね。反対意見が多くて公開できないのかもしれません。)

さらに、避難について、「避難先調整システム」で避難先を選ぶとしているが、そういうことを改めて住民に説明すべき、透析患者の避難はどうなるのか、机上の空論がおおいなど。

また、県民連合の遠嶋議員が、薩摩川内市の説明会の申込者に動員があったのではないかというような点について、また、適合性審査の問題点、とりわけ基準地震動について、火山学会の提言について、田中委員長の「火山学会が何をいまさら言っているんだ」という発言について認識を問いました。

遠嶋議員は、火山審査については、火山専門家が厳しい指摘を出し続けたのにも関わらずそれを無視して審査を行った点を指摘。原子力規制委の審査は、ゆるかったと。
さらに保安規定、工事計画認可の審査が継続中である中、このように県としての判断をくだすのはあまりに拙速だとしました。

また、「万が一事故が起こった時、国が責任をとる」と言っていることを県が判断の根拠にしている点について、現に福島原発事故では国は責任をとっていないじゃないか、という点を厳しく問いました。

自民党の井上議員は、宮沢大臣は的確に説明したと述べ、我が国のエネルギー事情が置かれてる厳しい状況を認識すべきだと、電気料金の値上げなどを引き合いに出して質問。再稼働はやむをえないと述べました。

委員会外の議員の質疑として、ふくし山のぶひこ議員が、スーパーアリーナ計画はアンケートで県民の半数以上が反対しているために撤回されたことをあげ、川内原発でも民意をくむべきと発言。柳議員が、説明会に子育て世代の女性が参加できなかったことを指摘しました。

続いて、請願・陳情の質疑にうつりました。

自民党の岩崎議員が、地元同意について、日置市議会の決議をどう受け止めるかと問い、県側は、「さつま川内市の立地自治体として負う責任を尊重」というような表現で、鹿児島県と薩摩川内市が同意すればよいという意見を重ねて述べました。
岩崎議員は、「国に明確な基準を示すように要望」とか言っていました。

共産党の松崎議員は、火山学会が「巨大噴火は予知が困難」「火山審査ガイドを見直すべき」としていることをあげ、原子力規制委に審査のやり直しをしなくていいのか、せめて問い合わせるべきと指摘。

県民連合の遠嶋議員は、巨大噴火が起きた時に使用済み燃料の搬出ができるのかという問いました。県側はあ、「田中規制委員長は、数か月でできると言っている」とさっそく、田中委員長の昨日のトンデモ発言を活用していました。

遠嶋議員は、「通常は5年冷やさなければならない。これは間違いですか?」と追及。県側は「原子力規制委はモニタリングについて検討している」と逃げていました。

また、遠嶋議員は、「30キロ圏内の人たちは同意を求める権利がある。浪江町を視察した。だれも住むことができない情景に衝撃を受けた。幸せな生活を送っていた人たちがそれを奪われた」と述べました。

県民連合の前野議員は、リアルタイムで変化する風向きにあわせて、避難先を変えることなどできるのかと質しました。

委員会外の議員としては二牟礼議員の質問がたいへん興味深かったです。タイベックスーツの配給について、またバスによる避難についてきいていました。バス協会に協力要請をしているというが、OKはもらったのか(答えは協議中)。

福島原発事故が二度と繰り返さないと言い切れるのか。事故想定はどのようにしているのか、などを質しました。。(答えは、福島原発事故の1800分の1の規模の事故想定)

さらに、揚水発電の設備利用率は何%か(2%くらい)、再生可能エネルギーの買取契約の中断などを引き合いに出し、再生可能エネで、十分行けると主張。

最後に、「万が一事故が起こった時の責任を国が取ると言っているが、どういう責任をとるのか?」と質問。答弁は不明確。さらに「知事の責任はないのか?」と迫りました。

答弁は「知事には責任はない。福島でも知事の責任は問われなかった」という驚くべきものでした。

ここで質疑は終了。

松崎議員が、「請願陳情の審議は議会の専権事項。今までの審議でたくさんの問題点が明らかになった。説明会も不十分。火山の問題については原子力規制委に問い合わせてくれと言った。避難計画についても住民に説明されていないことがたくさんある」として、「採決をしないことを求める」と動議。

遠嶋議員も「煮詰まっていないものがたくさんある。大きな問題提起。知事の責任という話があったが、我々も責任を負う。慎重審議を!」と述べました。

しかし、賛成少数で、この動議は否決。採決をすることに。

山田国治議員(自民、姶良・霧島地区)が賛成討論。「自由民主党県議団としては、責任政党として、再稼働に賛成する」と述べました。

松崎議員が再稼働反対立場からの討論。たいへん美しい、胸の打たれるスピーチでした!

「県議会議員としてなすべきは県民のいのちと安全を守ること。福島原発事故の被害者の苦しみと向き合わなければならない」と述べ、大飯原発の福井地裁の判決文を引用しながら、「本当の国富とは、豊かな鹿児島とそこに住み続ける人々を守ること」

と述べました。 

そして県民連合の前野議員も反対の討論。

そして、採決。
 
32件の陳情・請願を、一つ一つ採決していきました。
そのうち31件が、再稼働反対、もしくは慎重、もしくは地元同意を広げるべき、もしくは調査を行うべき、などというものでしたが、すべて否決されていきました。

そして1件の再稼働賛成陳情のみが採択されていました。

再稼働に賛成した議員は、井上章三、瀬戸口三郎、藤崎剛、岩崎昌弘、吉留厚宏、田中良二、成尾信春、大園清信、外薗勝藏、小幡兼興、山田国治の各議員

反対は遠嶋春日児、前野義春、松崎真琴の各議員

(自民・。公明党・無所属の議員たちは賛成、県民連合・共産党は反対)

最後に公明党が、「再稼働やむなし」という意見を述べました。 


明日(というか今日)は、委員会の結果が本会議に報告され、本会議で若干の質疑ののち、あっというまに採決が行われるのではないかと思います。

FFTVで断片的にツイキャスしていました。ちょっとまだ整理しきれていませんが、
下記に履歴が残っています。

本日から始まった鹿児島県臨時議会。再稼働に関しては、賛成1件、反対35件の陳情および3県の反対請願がだされていますが、7日も採決される見通しです。

鹿児島県臨時議会初日の午後の審議は、長い休憩のあと、15:30からはじまりました。ひとことで言って、あまりに形式的な審議に愕然
議員たちの質問に、同じ紙を繰り返し読む伊藤知事および関係部長たちの答弁。
質問に答えようとせず、国の責任のみを云々する県知事の姿勢に、原発賛否を切り離して、形骸化された自治体議会の危機を感じました。

形だけの審議で、数の議論で通してしまう気です!

ただ、自民党・公明党議員の質問からも、ここで慎重な姿勢をみせておかねば有権者の手前マズイという打算がうかがえました。「自分はがんばって慎重論をとなえたのだが…」と言い訳したいんだろうなという感じの質問内容でした。しっかりと見守っていきましょう。

かなり踏み込んだ鋭い質問もでました。たとえば火山については以下の質問(松崎まこと議員の質問)。

「巨大噴火の予測可能性について、火山学会は困難であると言っています。知事、あなたは専門家ではない。かたや九電が、巨大噴火を数十年前から予測できるとしており、かたや専門家たちが予測はできないと言っています。県民の安全を守るという観点からどちらの意見に耳を傾けるべきではないでしょうか?ご見解をおききします」

さらに、松崎議員は、避難所が危険地帯に設置されており、防災対策基本法に反している点もしっかりきいてくれました。
しかし、まともな答弁はなく、傍聴席は、騒然。
「ちゃんと答えろ!」という声が飛び交いました。(まったく同感です)

県外からも青森、福島、東京などからみなさんが傍聴されています。
とりわけ、鹿児島県の知り合いに傍聴を呼びかけてください

以下、全般的なご報告です。

質疑者は以下の5人。
与力雄議員(自民)、青木寛議員(県民連合)、成尾信春議員(公明党)、松崎真琴議員(共産党)、下鶴隆央議員(無所属)

以下簡単なポイントです。○が質問、⇒が回答、※がコメントです。
(なお、一問一答式ではなく、10個くらいの質問を議員がしてから知事⇒担当部
長舘という具合に応えるので、全然議論になっていませんでした)

○ほぼすべての議員:なぜ川内原発の判断にあたり、現時点で臨時会を招集したのか、なぜそこまで急ぐのか? 臨時会の招集の法的根拠は何なのか?

⇒すでに原子力規制委員会が、「世界最高水準の規制基準」に基づく適合性審査を行い、設置変更許可を出していること、経産大臣も鹿児島を訪問し、原発の必要性について説明し、「万が一のときは国が関連法令に基づき適切な処置をとる」と述べていること、薩摩川内市議会・市長が同意をしたこと、

※判で押したように、同じ答弁を読み上げていました。
※そもそも、陳情・請願の採決については、県議会が決めることであり、県知事が招集する議会で陳情・請願を採択する法的根拠は?と青木議員が問うていましたが、いやいやそれは県議会が自らの判断でやるんでしょという答弁でした。

○県民の理解が得られたのか? 住民への説明会の評価は? 不安を訴える住民への対策は?

⇒避難計画については、30km圏内自治体で25回、審査書については県内5箇所、それに加えて、要望の多かった避難計画およびエネルギー基本計画についての説明会を日置市でやった。丁寧に質問してもらった。
参加者アンケートで、「理解していない」という項目にマルを付けた人は3割くらい。つまり概ね理解されたという認識。

※「理解をえる」(≒了解してもらう)という日本語と、「理解する」(≒話している内容がわかる)という日本語を、意図的に混同してつかっています。

※そもそも、原子炉は難しいから住民に理解するのは難しいでしょ?というような傲慢な姿勢が、本当に許せないと思いました。説明会をたくさんしたかもしれませんが、それでよいという話ではなく、そこででた意見をすべて無視して、よくもまあこんなことを。(怒)

※そもそもアンケートがインチキすぎです。

○医療機関および社会福祉施設の作成状況。「原子力防災・避難施設等調整システム」の具体的運用・実効性確保策は?(自民党の与議員など)

⇒10km圏内終了。10圏外についてはシステムを整備する。訓練を通じて実効性を高めていく。

○原発事故が万が一発生した場合の政府と知事の具体的責任の果たし方。

⇒福島原発事故の反省に基づき、「世界一厳しいレベル」の規制基準をつくっている。事故が起こった場合、一義的には事業者が責任を負う。また、関係法令に基づき、政府が対処する。

○同意の範囲

⇒歴史的経緯を踏まえ、原発立地の責任と負担を負ってきた薩摩川内市と鹿児島県が同意すればよい。

○火山学会の提言について(公明党の成尾議員、共産党の松崎議員)

⇒巨大噴火が生じた時の観測体制について、国が整えるべきとの学会提言については承知している。原子力規制委員会がしかるべき対処を行う。

※議員たちは、かなり具体的に火山学会の石原委員長が述べたことをあげて質問したのですが、全然スルーされてしまいました。

○川内原発の使用済み核燃料は、鹿児島県で受け入れ続けるのか?青森の再処理施設の完成時期は、21回目の延期となったが?
(県民連合の青木議員)
⇒国が責任をもって 考える。

○UPZ県内の自治体に対する財政支援について、電源三法交付金をはじめとする制度強化を図るように国に要請する考えはないか。(自民党の与議員、無所属の下鶴議員)

⇒現在も交付金をつかって原子力防災体制の充実をはかっているが、今後も国が責任をもって、云々。

陳情・請願は、明日、原子力安全対策等特別委員会にかけられます。
報告は、大体以上です。

終了後の報告集会については、FFTVでツイキャスしました。


<鹿児島県議会議員ファックスリスト>下記のページの下の方です。

<初日の午前中の報告>
【速報】鹿児島県臨時議会初日~正副両議長の不信任案否決/自民党県議に声を!

<参考報道>
原発審査基準見直し要請 火山学会委「川内の適合も疑問」
(11月3日、西日本新聞)

<参考情報>
川内原発の避難計画は違法!~鹿児島県議会議長・県知事宛に要請書提出

鹿児島県庁・県議会に要請書~日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと


いよいよはじまった鹿児島県臨時議会。
 
7日にも、川内原発再稼働の賛成陳情が採択され、反対陳情が否決されるとみられています。
再稼働に関しては、賛成1件、反対35件の陳情および3県の反対請願がだされています。

たった3日間のスピード採決という議会運営。

川内原発の保安規定や工事計画の審議もまだ終わらないうちに、また、火山学会が、火山審査について問題提起したばかりなのに、ろくな審議もせずに決められようとしています。

本日の午前中に開かれた臨時議会では、県民連合が発議した池畑議長、松里副議長、藤崎総務委員長、小園産業経済委員長、園田企画建設委員長の不信任案が相次いで否決されました。
不信任案の理由について、県民連合の二牟礼議員、遠嶋議員らがのべ、質疑はなく、賛成討論を共産党の松崎議員が行いました。不信任案の理由は概ね以下の通りです。

・本来であれば、臨時議会ではなく12月議会にかけて丁寧に議論すべき、川内原発の再稼働について、知事の意向に従い強引に臨時議会を招集・この日程については、ぎりぎりになるまで自民党議員にしか公式にはしらされず、他の会派には協議されなかった。
 
・自民党以外の議員たちは10/16の報道で知り、その後、正式な協議はなく、臨時議会招集のぎりぎりのタイムリミットの10/29の会派代表者会議ではじめて知らされた。「協議」ではなかった。

・なぜ、このように急いで再稼働について採決すべきか、明確な理由はない。・知事による議会活動への介入。それを議長が受け入れた。

・臨時議会を強行開催した。これは中立の立場であるべき議長の職の逸脱。

・この日程となったために、重要な行政視察が3件キャンセルされ、地域防災計画をふくむ各地の県民との貴重な対話ができなくなった。

・一昨日の宮沢大臣の説明も、全議員がきくべきだったのに、正副議長のみがきいた。

・再稼働を急ぎたいがための強引な議会運営。

そして、起立少数で、さっさと否決されていきました。

あまりに機械的な、茶番をみているような状況に、傍聴席はざわつきました。
ある若い女性が、「茶番はやめてください! きちんと審議して下さい!」と叫
んでいました。また、これまた若い男性が、「県民の安全を優先させろ! 有権者はみているからな」と叫んでいました。心の中で拍手喝采でしたが、二人とも、退場させられました。

その後、伊藤知事により、川内原発の状況に関する説明。
「原子力規制委員会が安全を保障した」
「国が責任を持つと言っている」
「再稼働は必要」
「5箇所で県民に説明はした」
「避難計画に関心があったので、さらに1箇所で説明した」
「理解をえられた」
などの言葉に傍聴席騒然。
「何を言っている!」
「そんなことないぞ!」
「理解していないぞ!」
「安全なんて誰も保障していないぞ!」

などなど。

あっという間に休憩となりました。
今日の午後、自民党の県議団が、方針を決めるそうです。
昨日は、30キロ出身の県議たちから慎重論が出て、方針が先送りされたようです。

みなさま、自民党の県議たちに、以下の意見を送ってください!

・せめて、慎重に審議を。まだ規制委員会の保安規定・工事計画の審査は終わっ
ていない。3日間で決める必要はない。
・火山学者などの参考人の招致を。
・九州電力は、県議会で虚偽の陳述をしている。数十年前から巨大噴火が予知で
きるというが、火山学会は真っ向から否定している。
・避難計画については、違法性も指摘されている。再稼働できる状況ではない。

<ファックスリスト>下記のページの下の方です。

<参考報道>
原発審査基準見直し要請 火山学会委「川内の適合も疑問」
(11月3日、西日本新聞)

<参考情報>
川内原発の避難計画は違法!~鹿児島県議会議長・県知事宛に要請書提出
鹿児島県庁・県議会に要請書~日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと


薩摩川内市の避難集合場所_亀山小学校 最大で3740人が集合本日、県議会および県庁宛に、川内原発の避難施設の一部は津波・洪水・高潮等の危険区域に設定されたままであり、これはこの4月に改正された災害対策基本法に違反していることを指摘し、川内原発の再稼働に同意しないように求める要請書を提出しました。
 
実際に薩摩川内市、および受け入れ側の熊本県水俣市に市民たちが訪問し、この点を指摘した際、自治体側は、「違法状態にある」ことを認めました。

薩摩川内市の避難計画では、バスで避難するための集合場所(一時避難所に該当?)、要援護者の一時退避所が、ハザードマップの津波危険区域に設定されている。例えば、「滄浪地区コミュニティーセンター」「亀山小学校」等。施設の看板も「津波注意!!高台はこちら」と避難方向が書かれています。

地元メディアも大きく報道!はじめて避難計画の「違法性」が報じられました。
以下はMBC南日本放送の報道より。

141110_MBC放送_川内原発避難計画_市民団体が違法性を指摘

原発避難計画の違法性について申し入れ [11/04 18:59]~MBC南日本放送
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014110400006165 

原発事故を想定した県の避難計画には違法性があるとして、市民団体が違法な状態で川内原発の再稼働に同意しないことなどを求めた要請書を県議会などに出しました。4日は反原発・かごしまネットなど10団体が県議会を訪れ、池畑議長や議員あての要請書を手渡しました。要請書によりますと、県が原発事故を想定して作った避難計画では、避難施設や一時集合場所が津波などの危険区域にあり、4月に改正された災害対策基本法の基準に違反しているとしています。また、原発に影響を及ぼすような巨大噴火について前兆現象が捉えられるとした九州電力の説明は、日本火山学会の見解と異なるとしています。その上で、5日からの県議会で川内原発の再稼働に同意しないことや、避難計画の住民も加えた見直しを求めています。市民団体によりますと要請書は、伊藤知事あてにも提出したということです。

 

要 請 書

避難施設の一部は津波や洪水高潮等の危険区域に設定されたまま
4月に改正された災害対策基本法等に違反しており無効
これでは避難先もなく、県民の安全は守れない

違法な避難計画のまま、再稼働に同意しないことを求める

鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様
鹿児島県議会議長 池畑憲一 様
鹿児島県議会議員 各位

要 請 事 項
1.避難計画違法状態放置について説明責任を果たし、あらためて住民参画のもとで避難計画を見直すこと。
2.県議会は、11月5~7日の議会で、再稼働同意を表明しないこと。
3.知事は、再稼働同意を表明しないこと。
 

知事は国・九州電力と一体となって、川内原発再稼働を強引に推し進めています。住民説明会で噴出した県民の反対や不安の声は無視されたままです。

私達は10月24日に、川内原発の避難計画と火山リスク等の安全性問題に関して、政府と交渉を行いました。その結果を踏まえて、10月27日には水俣市、出水市、薩摩川内市に避難計画の問題について要請書を提出しました。

これらの中で、現状の避難計画では、避難施設が津波等の危険区域に指定されたままで、4月に改正された災害対策基本法等に違反していることが明らかになりました。3市の各担当者は「違法状態にある」と自ら認めています。これでは住民の安全を守ることはできません。津波等の危険区域に指定されている避難施設については、現在見直し中とのことですが、簡単に代わりの施設を指定できる状況にはありません。

それにもかかわらず、再稼働同意に進むなど許されることではありません。

1.水俣市、出水市、薩摩川内市は、避難施設が違法状態にあることを認めています。

4月の災害対策基本法等の改正で、津波等の危険区域(「安全区域」外)に、避難施設を設定してはならないことになりました。10月27日の申し入れの際、水俣市、出水市、薩摩川内市は、原発事時の避難先が危険区域にあることを認識しており、各市の担当者は、この現在の状況では「法に違反している」と自ら述べました。そのため現在、施設の指定見直しを進めており、避難
計画の改定には時間がかかるとのことで、水俣市の場合は、今年度中に改定予定とのことでした。例えば、出水市民が避難する水俣市の避難所である久木野小体育館(268名収容)は土砂災害の危険区域にあり、二中体育館(443名収容)は洪水高潮の危険区域にあります。出水市とは今後相談するとのことです。出水市はこのことを知らず、県と相談すると述べています。さらに、バスで移動するための一時集合場所も危険区域に指定してはならないと認めました。薩摩川内市は、一時集合場所である「亀山小学校」等が津波の危険区域にあり、「再稼働までには時間があるので、それまでに改定するだろう」とも述べました。
このように各市は、原発事故時の避難施設が違法状態のままであることを認め、市民に知らせることもなく、改定を進めています。

2.災害対策基本法等の改正で、避難施設は津波等の危険区域には指定できなくなりました。

4月に改正された災害対策基本法では、避難施設(「緊急避難場所」と「避難所」)の「指定」と「基準」に関する規定が盛り込まれました。この災害対策基本法は、一般の自然災害のみなら
ず、「放射性物質の大量の放出」を原因とする大規模な事故も災害として含めています(災害対策基本法施行令 第1条)。この改正に伴い、原子力災害対策特別措置法(原災法)でも同様の扱いとなりました。

災害対策基本法の改正に基づき、バスで移動するための一時集合場所(緊急避難場所)と避難者が滞在する避難所は、津波等の危険区域外である「安全区域」に指定することになりました。そのため、各自治体は、危険区域内に指定している避難施設について見直しを行っています。
 
一時集合場所を「安全区域」外に指定する場合には、「内閣府令で定める技術的基準」を満たす必要があります。しかし、原発事故の場合に、この技術的基準は現在ありません。このことは、10月24日の政府交渉で、内閣府防災担当者も認めました。そのため、一時集合場所は、「安全区域」に設定しなければなりません。

また、避難所については、原発事故の場合は「安全区域」に設定し、さらに30㎞圏外で選ぶことになっていると、内閣府防災担当者は説明しました。
 
以上のように、原発事故時の避難施設は津波等の危険区域に指定してはならないという法改正により、各自治体の避難計画は違法な状態にあるため、見直しが始まっています。
 
3.県民はこれまで、違法状態の避難計画の説明しか受けていません。このままでは、避難先はなく、住民の安全を守ることはできません。

30㎞圏内の市町では、6月に避難計画の説明会が実施されました。しかし、そこで説明された避難所等の計画は、一部違法状態にありながら、その説明はありませんでした。
鹿児島県下の各自治体の一時集合場所や避難所全てについて、違法状態のものがどれだけ存在するか等、県は早急に調査し結果を公表すべきです。避難所を別の施設に指定し直す作業も簡単ではありません。平地の少ない水俣市はその典型です。避難元・避難先自治体での議論も当然必要になってきます。

各市町と市議会、県と県議会でこれら違法状態を議論し見直すことから始めなければなりません。その上で、避難計画について新たに住民に説明し、議論を重ねる必要があります。

避難施設が違法状態で無効なままに再稼働された場合、事故時に避難先がない、という事態も招きかねません。これでは、市民の安全を守ることなど到底できません。
 
避難計画が違法であることをそのままにして、再稼働同意を表明するなど許されません。

 2014年11月4日
反原発・かごましネット/避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)/原発避難計画を考える水俣の会/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会

本日、県議会および県庁宛に以下の要請書を提出しました。

火山学会原子力対応委員会が、昨日、原子力規制委員会の火山影響評価ガイドの見直しを求める要請書を出したことを踏まえ、川内原発の再稼働に同意しないことを求めています。

なお、10の市民団体は、これに加え、川内原発の避難施設がハザードマップ上、津波・高潮・土砂災害などの危険地域に位置することは違法状態にあり、再稼働に同意しないことを求める要請書も提出しています。


火山学会原子力対応委が火山ガイド見直しを要請
川内原発の新基準適合について「疑問が残る」
「今後も噴火を予測できる前提で話が進むのは怖い話だ」
川内原発の再稼働を認めないよう求める緊急要請書

鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様
鹿児島県議会議長 池畑憲一 様
鹿児島県議会議員 各位

要 請 事 項

一.日本火山学会の提言を尊重し、警告を重く受け止め、川内原発の再稼働に同意しないこと。

要 請 理 由

11月3日、日本火山学会の原子力問題対応委員会は、原子力規制委員会の審査基準「火山影響評価ガイド」について、噴火予測の限界や曖昧さを踏まえ、見直しを求める提言をまとめました。提言は、巨大噴火について、モニタリングによって前兆の把握は可能としている点について、「噴火予測の可能性、限界、曖昧さの理解が不可欠」とした上で、ガイドの見直しを求めています。石原和弘委員長(京大名誉教授)は、ガイドに基づいて川内原発の新基準適合が認められたことについて、「疑問が残る」とし、「今後も噴火を予測できる前提で話が進むのは怖い話だ」とも述べています。

その一方で九州電力は、鹿児島県議会原子力特別委員会において、根拠がないにもかかわらず、「破局的噴火の場合は、地震などの前兆事象が数十年前から分かる」との認識を示し、山元春義副社長も報道陣に、「数十年かかり兆候が出てくる。しっかりモニタリングすれば、原子炉を停止し燃料を運び出し冷却する時間的余裕は十分にある」とこれも根拠なく述べています。鹿児島県知事も、記者会見で九州電力のこの説明内容を取り上げ、火山リスクについては問題なしとしています。これは、火山の専門家の見解とも原子力規制委員会の認識とも異なります。10月24日に行われた市民と原子力規制庁との交渉の場でも規制庁担当者は、数十年前に前兆が出るという見解について疑義があると述べています。

 また、運用期間中に破局的噴火が発生する可能性についても、十分に小さいとする九州電力側の主張に対し、火山モニタリング検討チームにおいて、専門家は疑義を唱えていますし、日本の巨大噴火のリスクは100年に1%であるとの新たな知見も明らかになっています。

 川内原発の再稼働を許せば、冷却のために5年は搬出することのできない燃料が新たに生まれてしまいます。数か月前に巨大噴火の前兆を捉えたとしても、人の避難は間に合っても、核燃料の避難は間に合わず、噴火と放射能という未曽有の複合災害を生むことになります。川内原発の再稼働を認めることのないよう要請します。

2014年11月4日

反原発・かごましネット/避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)/原発避難計画を考える水俣の会/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会

問合せ:090-8116-7155(原子力規制を監視する市民の会:阪上)

●補足説明

火山影響評価ガイドは、「核燃料の搬出等を行うための監視」としてのモニタリングの実施と「兆候を把握した場合の対処として、適切な核燃料の搬出等が実施される方針」の策定を要求しており、巨大噴火の数十年前に兆候を把握することが前提となっています。

川内原発の火山審査は、火山の専門家抜きで行われましたが、原子力規制委員会は、専門家の警告を無視できず、政府の公式見解として、「巨大噴火については観測経験がなく、規模や時期について予測は困難である」ことを認めています。また、九州電力が予測は可能だと主張する唯一の根拠となっている論文についても、原子力規制委員会が設置した火山モニタリング検討チームにおいて、専門家が論文の著者に確認し、「一つの事例にすぎず姶良などにそのまま適応できない」と指摘しています。検討チームでは、噴火の前兆現象は、せいぜい数か月~数年前からであり、核燃料の搬出に間に合うという保証はないとの指摘も相次ぎました。核燃料の搬出には、燃料の冷却を待つだけでも5年はかかり、搬出先の目途は全くありません。

九州電力は結局、設置変更申請において、モニタリングのやり方や前兆の捉え方についての判断基準、核燃料搬出の具体的な方針や時間的に間に合う根拠を示すことができず、原子力規制委員会もただそれを実施するという方針を確認しただけで、実質的な審査はされませんでした。方針の中身については、今後、保安規定の審査で検討することになっていますが、九州電力は、10月8日に提出した保安規定案にも方針の中身を書けずにいるというのが実状です。九州電力は、公開義務のない社内規定に書くとしています。もし、燃料の搬出計画は、噴火の前兆が出てから立てるというのであれば、とても間に合わないでしょう。



2014年10月28日
 
川内原発再稼働をしてはいけない5つの理由

1.民意を無視した再稼働

1)鹿児島県民の6割が再稼働反対

日経新聞が今年8月に実施した世論調査によれば、「再稼働を進めるべきではない」とする意見は56%であり、「進めるべきだ」は32%にとどまっています(「原発再稼働「進めて」32% 本社世論調査」日経新聞2014年8月24日)。
また、南日本新聞が今年5月に実施した世論調査によれば、鹿児島県民の約6割が再稼働に関して「反対」もしくは「どちらかといえば反対」と回答しています。すなわち、地元でも全国的にも、民意は再稼働に反対なのです。

図1
 

2)民意をくみ取る場がない

10月9日、薩摩川内市で行われた審査書に対する説明会。発言した10人のうち、9人が審査書に対して、また再稼働に対して、強い疑問と反対意見を述べました。
翌日の日置市での説明会では、9人の発言者がすべて再稼働に反対。まだまだたくさんの手が上がる中、質疑は打ち切られました。

この説明会は、「審査書」に限定した一方的な説明会であり、住民の意見を十分に聞き、再稼働に関する意思決定に反映させるものではありませんでした。

ひとたび事故が起これば、その影響は広範囲に長時間続きます。故郷が失われる可能性もあるのです。それなのに、住民の意見を意思決定に反映させる仕組みがありません。

鹿児島県内の複数の市民団体およびFoE Japanも含む全国の市民団体が、「説明会」のみならず、「公聴会」や「公開討論会」の開催を求める署名を集め、10月3日に薩摩川内市、鹿児島県に一次提出しました。

図2
 

いちき串木野市3)「地元同意」は拡大すべき

事業者が再稼働するにあたって地元同意が必要ということになっています。鹿児島県は、「薩摩川内市と県」が同意すればよいとしていますが、いざ事故が生じた時、広範囲に影響が及ぶことを考えれば、まったく不十分です。
薩摩川内市に隣接するいちき串木野市、日置市の市議会では、住民陳情に後押しされる形で、市議会が「地元同意を広げるべき」という決議を採択しました。
 
「地元同意」の範囲の拡大とともに、十分に民意を踏まえる制度が必要です。


2.被ばくを前提とした避難計画

避難計画についてはさらに問題です。9月12日の内閣府の「原子力防災会議」が開催され、ここで、川内原発の避難計画が「具体的かつ合理的になっている」ことが了承・確認されました。しかし、川内原発の避難計画については、30キロ圏限定の避難計画となっている点、避難経路が水没するなど複合災害を考慮していない点、10キロ以遠の要援護者の避難計画が立案されていない点、スクリーニング・除染場所が決まっていない点など、その実効性には大きな疑問があります。

5km圏内の在宅要援護者で、避難が難しい人は、原発近隣の施設に「退避」することになっています。5箇所の「退避所」の一つ、旧滄浪小学校は、原発から1.6kmです。一時退待避所には燃料が4日間分しかたくわえていません。いったいいつ救出がくるというのでようか。これは体のよい「置き去り」にも等しい行為です(図)。さらに、原子力規制委員会のシミュレーションでも、2日間に最高190ミリシーベルトの被ばくを強いられる計算になります。

図3

(出典:内閣府原子力防災会議2014年9月12日付資料に加筆)

2日間で最大190ミリシーベルトの被ばく

(出典:
平成26年5月28日 原子力規制委員会「緊急時の被ばく線量及び防護措置の効果の試算について」に加筆)


3.審査書は穴だらけ

原子力規制委員会が実施した川内原発の適合性審査には、約1万8千件のパブリック・コメントが寄せられましたが、審査の内容に疑義を示した重要なコメントはすべて無視されてしまいました。
適合性審査は、いわば「通すための試験」となっており、その範囲もいざ事故が生じた時の原子力防災計画が含まれていないなど限定されたものです。とりわけ批判が集中したのは、火山リスクに関する審査です。

1)火山噴火リスク

南九州には有名な桜島も含む「姶良(あいら)カルデラ」など複数のカルデラ火山があります。約7000年前に鹿児島沖で巨大噴火が発生しています。

多くの火山学者が、火山噴火が川内原発に与える壊滅的な影響について警鐘をならしてきました。
原子力規制委員会の審査では、原発から数キロの近傍に火砕流の痕跡があり、九州電力でさえ最終的には火砕流が到達する可能性を認め、その前提で審査が進みました。

火山フローおよびポイント


原子力規制委員会の「火山影響評価ガイド」にもとづけば、①原発まで火砕流が到達するような巨大噴火が原発の「運用期間中(運転期間中および核燃料の保管期間中)」に発生する可能性が十分低いかどうか、②モニタリングで前兆現象を把握したときに、③原発をとめ、燃料棒の運びだしを行うなどの対処方針が策定されているかどうかをチェックすることになっています。

①については科学的な根拠が十分示されていない上、②が可能なのかについても疑問が多く、③については、九州電力の補正申請には「核燃料を搬出する方針である」としか書かれていません。保安規定でも、具体的な核燃料の搬出計画は記載されていません。

原発をとめ、燃料棒を冷却し、搬送先をみつけ、搬送するまでには長い年月が必要で、専門家は「少なくとも5年は必要」としています。

原子力規制委員会の川内原発の審査は、火山リスクが大きな争点だったにも関わらず、火山専門家を入れずに行われました。

川内原発の火山噴火リスクについて、改めて審査をやりなおすべきではないでしょうか。
 

2)具体的な対策は先送り

多くの点において、具体的な対策は、「方針」のみしか示されておらず、保安規定や工事計画に先送りにされてしまいました。

たとえば、新たな基準地震動に伴う具体的な対策、施設の耐震が大丈夫なのかは工事計画で、また巨大噴火の前兆現象がとらえられたときの核燃料の冷却、搬出方法、搬出先などは保安規定に盛り込まれることになっています。しかし後者について、九電が提出した保安規定には具体的なことは記述されていません。

4.電気は足りている

電気事業連合会によれば、今年7~8月の電力需給について、電力10社が最も電力を供給した日でも、需要に対する供給のゆとり(予備率)が10%あったと発表しました。

原発が一基も動いていない状況でこの夏も電気は足りていたのです。

さらに、九州電力は9月25日から、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく新たな接続申し込みに対する回答を保留するとしました。
これは、再生可能エネルギー導入を積極的に進めている事業者や投資家にとって大きな打撃となりました。
九電によれば、今年3月だけで、従来の1年分に匹敵する、約7万件の太陽光の接続契約申し込みが殺到。契約申し込み前の設備認定分も合わせると、太陽光と風力で夏のピーク需要約1600万キロワットをも超えるとのことです。「回答保留」には川内原発、玄海原発の再稼働を見込んでいると考えられます。

送電網や需給調整の仕組みを整えれば、すでに再生可能エネルギーは、原発に優に匹敵する実力をつけているのです。

5.福島原発事故は継続中

福島原発事故は未だ継続中です。汚染水はとめどなく流出し、対策のめどがたっていません。ふるさとを失い、避難を余儀なくされている人たちが未だ10万人以上もいます。
事故原因も究明されてはいません。
こうした中、「審査」「住民説明」「地元合意」の形式だけが先行し、川内原発の再稼働の強行は許されるものではありません。

(満田夏花/FoE Japan)

2014年10月28日
国際環境NGO FoE Japan

【緊急声明】
川内原発再稼働、民意なき「地元同意」は許されない
鹿児島県は、公聴会の開催を 地元同意の拡大を

本日、川内原発再稼働をめぐり、薩摩川内市議会の臨時議会を開き、市民から出されていた再稼働反対陳情10件を否決、再稼働賛成陳情1件を可決しました。薩摩川内市長もこれを受け、再稼働同意の意見表明をするものとみられています。
再稼働反対の市議会議員は、原発事故がひとたび生じた時の取り返しのつかない惨事となること、原子力規制委員会による審査は数々の問題を抱えていること、原発の地域経済への寄与は、短期的であり限定的なものであること等を切々と訴えましたが、数の論理で押し切られた形となりました。

今回の「地元同意」は民意を反映したものとは言えません。
  • 10月9日に薩摩川内市で開催された川内原発審査書の説明会においては、発言した市民のうち、10人中9人が、審査書の内容に対する疑問や、避難計画についての批判、再稼働への反対を訴えました。
  • 多くの市民が、審査書の「説明会」ではなく、市民の意見をきくための公聴会を要望しました。
  • 会場でとられたアンケートは、「理解できなかった項目は何ですか」というものであり、再稼働に対する納得を問うものではありませんでした。
川内原発を動かしてはならない理由はたくさんあります(別紙)。逆に川内原発を今再稼働させなければならない理由は見当たりません。

川内原発に関する原子力規制委員会の審査はまだ途上です。火山噴火リスクや地震など、多くの具体的な対策が保安規定や工事計画に先送りされています。

住民のいのちと安全を守る最後の砦たる避難計画は、欠陥だらけであり、非人道的なものです。5km圏内の在宅の要援護者のうち、避難が難しい人たちは、原発至近距離の一時退避所に閉じ込めるなど、住民の被ばくを前提としたものです。一時避難所や避難集合場所が、ハザードマップ上の危険エリアにあることも明らかになってきました。

鹿児島県は、上記の懸念を無視して、地元同意手続きを進めるべきではありません。

また、少なくとも、30km圏内の自治体を地元同意に含めるべきであり、県民の意見をきくための公聴会や公開討論会の開催を行うべきです。

問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986  携帯:090-6142-1807(満田)

別紙 内原発再稼働をしてはいけない5つの理由」はこちら


↑このページのトップヘ